So-net無料ブログ作成

masayaと守谷香は裁判で負けていた [裁判]

12年間の洗脳生活から抜け出すことに成功しTVで告白したことで
話題になっているX JAPANのボーカルTOSHI。


洗脳のきっかけとなったMASAYAと元嫁の守谷香


実はこの二人はある事件での裁判で敗訴となっていた。



■TOSHIが洗脳されていたセミナー


㈱ホームオブハート(以後HOH)が主催する自己啓発セミナーです。

そこでメイントレーナーを務めていたのがMASAYAという人物。

元々は倉渕透で堀越学園芸能コース在学中にアイドルとして
歌手デビューしたのだがヒットせず、中退。

別の高校へ転入する。

その後㈱レムリアアイランドレコード(後のHOH)のメイントレーナーとなる。

またMASAYAはプロデューサーとしての顔も持ち、
音楽活動も行っていた。


(HEALING WORLD)というCDを出していたそうで
TOSHIも洗脳されヒーリング系の音楽にはまっていったそう・・


そもそも守谷香がこの手の音楽で涙して、夫を誘い、
そしてセミナー受講、洗脳という流れを作った張本人と
言われている。


■MASAYAと守谷香が負けた裁判とは?





このHOHの自己啓発セミナーの元受講者が起こした訴訟に
MASAYAと守谷香が個人被告人となった。

これが「消費者被害事件」(ホームオブハート事件)と
呼ばれているものです。


事の発端は児童相談所がHOH施設内にいる児童5人を一時保護し
一人を調査対象にしたことで団体が児童虐待を行っている可能性が明るみになり
元X JAPANのTOSHIが関係しているとのことでメディアで話題になったことが始まりです。


■なぜ児童虐待が発生したのか?


自己啓発セミナー中は参加者の子供はHOHが預かる仕組みになっていた。

子供が泣くことは「親への執着がある状態」という定義でそれは悪い状態であると
セミナー参加者に刷り込んでいた。

執着の無い状態と称し段ボール箱の中で育てられたほかに、
強制労働もあったという。


■MASAYAの権力とは?


メイントレーナーと勤めるMASAYAは団体内で絶対的な権力を持ち、
日ごろから恫喝や「フィードバック」と呼ばれる暴力行為の繰り返しによって
セミナー参加者に対しマインドコントロールを行っていた。

そのためMASAYAの言動を疑うことは許されなかった。


またセミナー代金や会員権代、商品代等、多額の金銭をむしり取り、
精神的にも経済的にも破綻させ、サラ金やクレジットを強制させ
自己破産まで追い込んだ。



以上のようなことが起こっていたので元受講者たちから
複数の損害賠償請求が起き、一部では完全に敗訴と
なっている。


守谷香も名を連ねていたので、きっとMASAYAの
側近としていたからでしょう。


TOSHIと結婚している状態にも関わらず、
MASAYAと一緒に暮らしていたとの情報もあります。


TOSHIは広告塔として倒れるまで働かされていたのに・・



以上がMASAYA、守谷香の裁判の内容(一部ですが・・)でした。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。